英語・英会話教材最適比較レビュー&ランキング

英語教材・最適比較レビュー&ランキング

こんにちは、Jerry(ジェリー)木村と申します

 

私は2002年7月のアメリカ独立記念日直後に米国に渡って以降、今年の独立記念日(ジュライフォース)で滞米13年になりますJapanese American(日系米国人)です。

 

現在はアラスカ州の美しい景色の中で英語教師と心理カウンセラー、アカウンタント(会計)と3足のわらじをはいております。

 

今はアラスカにおりますが以前はアメリカの南部におりました。
他にも中西部、西海岸と主だったアメリカの地域には通じています。
アメリカは地域によってかなりアクセントが違います。
イングランドの英語とも違います。

 

そして、移民の国ですのでヨーロッパ系、ラテン系、黒人、アジア系(アジアの中でも日本を含む東アジア系と東南アジア系)インド系、アラブ系と実に種々様々な人達がいますし、私も長いアメリカ生活の中でそれらの人たちの話す英語に直接触れてまいりました。

 

アメリカで長く暮らす日本人もたくさんの知り合いがいます。
アメリカ人と結婚している人もたくさん知り合いがいます。

 

あなたはアメリカに暮らしている日本人はみな英語を流暢に話しているともしかしたら思っているかもしれません。

 

そうなら良いのですが、現実はかなり厳しいです。

 

長いことアメリカに暮らしていて、かつアメリカ人と結婚していてさえ英語があまりできない人も珍しくないのです。
その理由は他のページに記します。このページは私のプロフィールのページですので。(笑)
英語教材,英会話教材,比較,レビュー,最適,最短
さて、私は英語教師と心理カウンセラー、アカウンタント(会計)と3足のわらじをはいていると申しましたが
英語教師はともかくカウンセラーやアカウンタントの仕事をアメリカ人としていくにおいて英語力はどれほど必要でしょうか?
その点から私の英語力をはかっていただければいいですが、ビジネスで不自由なくアメリカ人と仕事を進めていくことのできるレベルです。

 

現在そのようにネイティブレベルで英語をあやつっている私も米国に来た当初はほとんど自分の英語が通じない現実に愕然としました。
マクドナルドで注文するチョコレートシェイクも聞き取ってもらえなかったのです。(笑)
私が日本で受けてきた12年間の英語教育は一体何だったんだーと苦しみました。
英語を聞くのがすごく緊張してストレスでした。
また自分の通じない英語を手を変え品を変えして通じさせようとするのもつかれます。

 

そんな状況の中から何とか実践で苦しまない英語力を身につけたいと思っていました。
私は英語の映画を見るのが好きでしたし、原語で直接観たかったのと、
やはりアメリカ人をもっと理解したい、もっと深く色んな話をして深い付き合いをしたいと思ったからですし、
何よりも毎日の仕事をするのに英語力の向上が必要でした。

 

 

そんな中で実にありとあらゆる英語教材に手を出し片っ端から試していきました。

 

しかしながら、それら多くは日本の英語教育の延長上のような努力すれば身につくみたいな内容のものが多かったのです。
革新的な発想を変えるようなものが中々なかったのです。

 

そりゃ宣伝文句はみなすばらしいですよ。
皆自分の教材が一番効果がある-、革命的だ-、やれ右脳だ、やれ音読だ-(笑)

 

しかし中々ピシっとこちらの感性、求めに響くものは中々なかったです。

 

しかし最近は時代の恩恵のせいか、日本にもやっと優れたいくつかの教材が現れてきています。

 

***********

 

アメリカに長くいる日本人でも英語のうまい人はそうそういないと書きました。
事実私の出会ってきたたくさんの在米日本人でも英語を流暢に話す人はホント一握りです。

 

ではその違いは一体何なのか・・・

 

別ページで書きますが日本の英語教育150年の勘違いです。

 

一体何のことだと言われるでしょうが
それは又このプロフィールページの主旨でもないので(笑)、別ページにて。

 

さて、そのように英語の壁に苦しむ日本人を見て私は心苦しいのです。
もどかしいのです。

 

日本にはすばらしい精神やモノがたくさんあります。
世界にはないすばらしい内容がたくさんあります。

 

しかしながら、世界の舞台で日本人がどれほど発信しているでしょう?
アメリカの新聞でも日本のことが載るのは総理が変わったとか、天災があったとか特別なときだけでごくわずかです。

 

日本人の持つ素晴らしい内容とそれが世界で知られていないこのギャップ。

 

これはシャイな日本人という一面もあるでしょうが、何より英語が不得意ということに尽きると思います。
日本人の英語ベタが日本のすばらしさを世界に広めるのをおくらせている原因です。

 

これは日本の国益を損なっているのみならず、世界の益をも損なっているのです。

 

その元となるのが明治維新依頼の150年に渡る日本人の英語に対する意識です。

 

*****

 

話がえらい大きくなってしまいましたが(笑)

 

要するに私はひとりでも多くの人に一番効率よく英語を習得できるお手伝いがしたいのです。

 

人生の時間は限りがあります。

 

英語の習得も最短でできるもの、そしてストレスなく、英語が楽しく快く快感を感じながらできるもの。

 

このような道を求めて、あなたにご提示できればと考えています。

英語教材,英会話教材,比較,レビュー,最適,最短