英語教材・最適比較レビュー&ランキング豪華特典付き

硬派の実戦向き英語スピーキング教材

英語教材,英会話,比較,レビュー,最適,ランキング,特典

 

ビジネス英語 話す筋トレ の作者の 松尾光治さんは学生時代から米国に渡って ビジネスもバリバリに英語でこなしてこられた
本物の英語使いのプロです。

 

松尾さんの別の教材モゴモゴバスターでも日本人にはモゴモゴと聞こえるネイティブの英語が どのように省略や変化して 本来の英語から
特にアメリカでよく使われる省力型の英語に変わってきたかが解説されています。

 

そのように 松尾さんは 日本人には聞き取りにくい英語を いかに聞くか 話すかということにフォーカスして 英語教育に取り組んでおられます。
英語教材,英会話,比較,レビュー,最適,ランキング,特典
この {ビジネス英語 話す筋トレ} はその主に スピーキング能力を高めるための教材です。

 

特にビジネスの場面でよく使われる表現を実際の状況を仮定して レッスンが組み立てられています。

 

ですので, 特に ビジネス英語の表現を学びたいという方にはうってつけの教材ということになります。

 

内容は ガチガチの初心者には簡単ではありません。

 

おすすめするのは 中学レベルくらいはできるよという 中等以上の英語力の方におすすめします。

 

現在 実際にネイティブ相手にビジネスをしていたり, 職場でネイティブとともに働いているという状況の方にはうってつけの教材でしょう。

 

 

<< ビジネス英語 話す筋トレ 詳しくはこちらです >>

 


 

段階的にスピーキング力が身につく組み立て

英語教材,英会話,比較,レビュー,最適,ランキング,特典

 

ビジネス英語 話す筋トレの教材はダウンロード形式で音声とPDFと言うかたちで配信されます。

 

レッスンはビジネスの状況によってよく使う英語表現を62のレッスンにわけられています。

 

レッスンの内容は職場での会話というカタチで二人又は三人が会話をするという基本の会話に, 代入練習という文の一部を入れ替えて色んなバリエーションに作り変える練習が入っています。

 

レッスンの流れとしては, まず会話のリスニング, 次に自分も後を追ってリピートする リピーティング, そして 代入練習, さらには ロールプレイングで 文中の登場人物のどちらかになって会話をやり取りするという練習になります。

 

 

<< ビジネス英語 話す筋トレ 詳しくはこちらです >>

 


ビジネス英語 話す筋トレ の優れているところ, メリット

英語教材,英会話,比較,レビュー,最適,ランキング,特典
ビジネス英語 話す筋トレ の優れている点は

 

・ 話すスピーカーがしっかり人選されている。

 

男女二人づつのネイティブスピーカーが会話を進めていくのですが,
それぞれ明るいはっきりした声, 知的な感じの声, ちょっとだみ声のおじさんタイプなど
それぞれ声の質の違う人が登場しているので
色んなタイプの英語の発声に慣れる効果があります。

 

しかも 登場する人いずれもしっかりとした人たちなので
安心して と言うか 会話を味わうことができる
そんな会話です
これも 現地で長く活動されている松尾さんの人脈とセンスが現れていますね。

 

・ レッスンが段階的で知らず知らずにネイティブのように話すことができるようになる

 

これは私の経験からなのですが, レッスンの流れがとても自然にできています。
私の場合, はじめにざっとその日のレッスンのPDFを見てから, 本番は音声を聞くだけで
リピートしたりしてましたが, そういう音声を中心とするレッスンを繰り返すことによって
英語に対する感覚が敏感になってきます。

 

ひいては 自分のスピーキングに対しても 敏感になってきて
あ, これはよかったな, これはレッスンの発音と違うなというのが 明確に区別できるようになってきます。

 

レッスンは リスニング, スピーキング, 代入練習, ロールプレイ というような流れで
何回も同じような表現を違ったカタチで繰り返すので
何度も行っているうちに 最後の方では 苦もなく 自然に言えるようになってくるんです。

 

・ ビジネスという謳い文句にあるようにビジネスの状況をとって教材にしてますが, 日常会話でも十分使える表現が多数入っています。

 

・ あと 価格設定も非常にお安い 良心的な価格設定になってますね。

 

この内容でこの値段でいいのって言うくらいですが,
そうした点でコスパは非常にいい教材といえますね!

 

 

<< ビジネス英語 話す筋トレ 詳しくはこちらです >>

 


 

ビジネス英語 話す筋トレ の デメリットは ?

英語教材,英会話,比較,レビュー,最適,ランキング,特典
ビジネス英語 話す筋トレ の デメリットということですが,
この図に有るように松尾さんは 日本人が英語を話すということを 深く分析して掌握しています。
こういうしっかりした英語分析はいいから とりあえず チャラチャラした日常表現だけできればいいやという人には
ある面, 向かないかもしれません。

 

冒頭でも申しましたように, この ビジネス英語 話す筋トレ は 硬派の 英会話教材なのです。
いわば 玄人好みの 教材と申しましょうか

 

外見も装飾の類いの一切ない, 無骨なくらい実践そのものの内容です。

 

こういう外見はチャラチャラした万人受けしそうな 小奇麗だけど 内容のあまりない 英語教材が好きだという人には向かないでしょうね。

 

ビジネス英語 話す筋トレは実戦主体の仕事の現場ですぐに使える内容なのです。

 

ですから 中学英語も中くらいの 初心者さんには内容的にキツイものがあります。

 

どうしても, 教材の内容についていくには最低中学英語はマスターしたくらいの
中級者さん以上になります。

 

それと ビジネスにあまり関心のない人は どうしても 内容が自分の日常と一致しなくて
ピンとこないかもしれませんね。

 

学生さんでも 将来の働く時に備えるという感じで モチベーションを高めて取り組んだら良いと思います。

 

 

<< ビジネス英語 話す筋トレ 詳しくはこちらです >>

 


ビジネス英語 話す筋トレ の 効果的な練習法

ビジネス英語 話す筋トレ は 特にスピーキング力を高めることを主体に作られている教材であると
ワタシ的には思いますので
しゃべりやすい環境でこの教材を練習するのが最善だと思います。

 

ビジネス英語 話す筋トレの中には ウィスパーボイスといって 周りに人がいる電車の中とかでも練習できるように
レッスンの同じ内容がささやき声ではいっている音声があります。

 

それは 日本の状況に応じて考えられた作者の細やかさなんですが,
通勤電車内とかそういう状況を活用したい人にはありがたい配慮なんですが,
私は基本的には スピーキングを鍛える 教材の題名にも有るように筋トレの教材なのですから,
実際に大きな声を出して, リピーティングや, 代入練習, ロールプレイをするということを是非おすすめします。

 

なぜかというと, 特に 英語圏で暮らしている私にはよくわかるのですが,
日本語の発声と 英語の発声は とんでもなく 違うんです。

 

どうとんでもないかというと とにかく 英語ネイティブはよく口を動かす, 舌を動かす,
腹からの呼吸の出し入れも激しい!

 

このように顔や喉の筋肉, 腹や横隔膜周りの筋肉の動きは 日本語に比べると
とんでもなく激しいのが英語なのです。

 

日本人が初めてそれをそのまままねをすると, ハアハアと くたびれてしまうくらい
体の上半身をよく使って喋るのが 英米人なのです。

 

日本人はこれらの筋肉を使わずに 日本語を話すように 口の中だけで 英語を作って
フラットな発声をするので ネイティブにはまったく通じないのです。

 

まったくといいましたが, 日常 上がり下がりが普通の話をしている英米人には フラットな日本人英語は
マッタク 英語に聞こえないのです!

 

そりゃ, 日本で英語教師をしてるような人や 親日的な人, 知的な人, 音に対する感性のいい人は
通じる場合もありますが,
私がアメリカで出会ってきたような きっすいのネイティブ, きっすいのアメリカの田舎モンには
マッタク そうした 日本人英語は 通じません。

 

もうひとつ 日本人の英語が通じない大きな理由に 日本人が話す英語は 区切りがないということが上げられます。

 

ネイティブが話す英語はめちゃくちゃ速いので 英語力中級以下の人が聞いたら, どこに区切りがあるのかまったくわかないでしょうが,
慣れてくるとネイティブは要所要所でわずかな間を開けながらいわゆる チャンクごとにしゃべっているのが分かります。

 

ネイティブ同士の会話では この話の中のわずかの間というものを介して 相手の話を聞いているという部分もあるので
話す時は 強調する箇所 魔を入れるところを きちんと意識して 文中のかたまりを意識しながら話さねばなりません。

 

この点でも ビジネス英語 話す筋トレ は すぐれた教材になります。
レッスンのネイティブの話す抑揚や間のとり方にできるだけ近づけるように話すように気をつけることによって
回数を繰り返すうちにネイティブに近い, ネイティブの理解できる英語が話せるようになってきます。

 

そんなわけで, 私が特におすすめする この ビジネス英語 話す筋トレ の利用法は,
大きな声を出して 練習するということです。

 

それも一番いい場所は お風呂です。

 

お風呂の中につかりながら, 話すと自分の声も 客観的に聞こえるので
間違えた発音をしているかすぐわかります。

 

お風呂の中で ビジネス英語 話す筋トレ をききながら スピーキングをするのが
一番 効果的な 練習なのです。

 

それができなければ 布団の上に寝転がりながらとか
とにかく リラックスして 英語の内容だけに集中できるような状況で
練習するのが大事なことです。

 

 

<< ビジネス英語 話す筋トレ 詳しくはこちらです >>